痛風予備軍にならない方法

いきなり、足の親指のつけ根からひどい痛みにおそわれ、何時間もすると足の甲がぱんぱんに腫れあがり、風が吹いても少しでもの感触で激痛が走ります。こんな経験をする人が急増していますが、これが痛風の発作です。現在、痛風患者数は約60万~70万人で、痛風の前段階である高尿酸血症、いわば痛風予備軍の人は約600万~650万人と推定されています。痛風予備軍や患者ともに男女比では98%が男性です。年齢的には40歳以上の人に多く見られますが、最近では20代後半の若い人にも痛風発作を起こす人が増えてきました。

これは、「食べ過ぎ」「ストレスが多い」「酒を多く飲む」といった日常生活の習慣と深く関係があります。生活習慣の乱れや、「エネルギッシュで手抜きができない」「激しい運動をする」といったことが大きく影響しているといわれています。

激しい痛みの原因となる尿酸は、プリン体と呼ばれる物が成分で、次のような3つの方法で、痛風を予防する目標に達します。痛風は、体内の新陳代謝によってできる尿酸の量によって起こります。尿酸の体内量はほぼ一定に保たれており、一日に作り出された尿酸量とほぼ同量が毎日排泄されています。ところが、何らかの原因で体内の尿酸量が増えてしまうと高尿酸血症になります。

(1) 食べる食品にプリン体が含まれており、食事によって体内のプリン体が増える

(2) 体内の細胞の核酸にプリン体が含まれており、新陳代謝により古い細胞が分解されるとプリン体が出てくる

(3) 急激にエネルギーを使うとプリン体が生み出される

アーカイブ