痛風の改善方法

痛風の改善法は緊急状況の対処法と薬物治療という二つの改善方法があります。緊急状況の対処法は冷やすことです。痛風になってしまった場所をとにかくすぐに冷やし、症状が緩むことができます。また、痛風の薬物治療は一般的に痛風関節炎の治療と高尿酸血症の治療の2つの種類があります。痛風関節炎の治療は急性あるいは慢性の炎症を消退させることが目的で、高尿酸血症の治療については、生活習慣の改善や尿酸を下げる薬を利用することが行われます。

痛風発作が起こっているときは、抗炎症薬を利用することは普通の方法と認められています。発作が治まっているときは、痛風のもとになっている高尿酸血症の治療を行います。高尿酸血症を促進させる原因で有名なのは、プリン体を多く含む食品です。内臓脂肪の蓄積は尿酸の産生を促進するため、尿酸値を上げてしまいますから、プリン体の少ない食事・飲酒制限・食事や運動による肥満の解消といった生活習慣の改善を第一に行います。

辛い痛風を改善させる方法としてはこれらが挙げられます。この中で最も効果的なのは病院での治療ですが、処方薬の中には副作用が報告されている物もあります。食事や運動、生活習慣の見直しも痛風改善には有効ですが、忙しいとなかなか続けられません。そこでおすすめなのが、痛風改善に効果のある成分が配合されたサプリメントの摂取です。もちろん、サプリを摂るだけで痛風が改善するわけではありませんが、他の方法と組み合わせることで、より良い効果が期待できます。

高尿酸血症を促進させる原因で有名なのは、プリン体を多く含む食品(例えば魚の干物やレバー、乾物、ビール)です。また、アルコール(ワイン、焼酎、日本酒など)は体内のプリン体分解を促進して尿酸を増加させ、さらにアルコール分解に伴って生成される物質が尿酸の排泄を妨げるため、高尿酸血症を引き起こしやすくなります。ほかにも、内臓脂肪の蓄積は尿酸の産生を促進するため、尿酸値を上げてしまいます。そのため、プリン体の少ない食事・飲酒制限・食事や運動による肥満の解消といった生活習慣の改善を第一に行います。

アーカイブ