痛風の前兆は知っていますか!

痛風の前兆はこの前聞いたことがありますか?痛風は前兆や初期症状がほとんどなく、いきなり発症するからです。発作前に痛風の前兆(チクチクする、圧迫感、熱っぽいなど)を自覚し、6~12時間後に発作が始まることが多いようです。痛風の発作時は激烈な痛みで、はれ、発赤、熱感を伴います。痛風の発作は通常、24時間以内にピークを迎え、3~4日後には徐々に改善し、7~10日で自然におさまります。
痛風になる最初は1ヶ所以上の痛風の前兆が出ることはほとんどありません。次の日には見た目が赤く腫れ上がるのでよくわかります。親指に発症しやすい要因としては、医学的な解明はされていないので確実ではありませんが、可能性として考えられるのは以下の2点と言われています。・体温の低い足に結晶が溜まりやすくなり、その中でも外部からの刺激が多い指に痛みが現れる・親指は他の指に比べて関節が太いので結晶が溜まりやすい簡単に言えば、見た目の通り足の指の中でも一番突き出ていて、太く大きいからということですね。
その他には痛みを感じるのは高尿酸血症の場合のよって、不定期ですが、多分半年~1年以内にまた発作することもあります。それゆえに痛みが過ぎれば忘れてしまう人がほとんどで、薬を飲んだりや治療をすることを怠ったりします。これを放置すると、次第に発作の間隔も縮まっていき慢性関節炎型になり、常にどこかの関節が痛い状態が続きます。痛風の発作の症状の期間が長ければ長いほど腫れ上がった時の痛みは長く続くので、早い対応が必要な病気と言えます。

アーカイブ